リサイクルとは〜社会的貢献や環境への配慮

ここ最近、さかんにリサイクル推進が叫ばれています。

こうした背景には、ごみの増加、環境破壊の 問題などが絡んでいると思われます。

ごみの量を減少させるため、省エネルギーのため、環境保護のため 等いろいろな理由からリサイクルは推進されています。

リサイクルとは資源の有効利用、環境汚染防止のために、廃物を原料として再生し利用する(資源再生)。

たとえば、アルミ缶はリサイクルによって、再びアルミ缶やサッシに生まれ変わっています。

もう1つはまだ 使える不用品を他の人に提供する再利用もリサイクルと言っています。

資源は大切な限りある財産です。

3つのR

環境問題を解決するキーワードは3Rといわれています。
3Rとは「リデュース・リユース・リサイクル」です。

3Rとは「リデュース・リユース・リサイクル」

世界経済は資源を浪費して大量生産、大量廃棄を行った結果、「環境汚染」という大問題が発生いたしました。

しかし資源の乏しい日本では生活から発生する廃棄物のほとんどは何らかの形で再利用されてきました。

しかも、それらの回収や再生はきちんと商売として成り立っていたのです。

日本の歴史にはすでにそうした「循環経済」が実現していたという事実に目を向け、当社は自信を持って未来に向かって活動していきます。

アルミニウムは、原料となるボーキサイトからアルミナを取り出し、これを電気分解して製造されます。
電気分解するとき多くの電力を消費しますが、一度金属となったアルミニウムは、新地金を製造するときの約3%のエネルギーでアルミ再生時金となります。